<< 田人町I邸改装工事(竣工) | main |

錦町K様邸新築工事(竣工)

H31/2/2 工事日誌

(社長UP編)

 

寒いですね。

季節も2月に突入し日差しも

幾分勢いを増してきたような・・

雨ももう相当期間降っていません。

インフルエンザも流行っているようで

気をつけてなければと・・

 

ではでは最新竣工物件のご紹介です。

 

 

 

錦町K様邸新築工事

H31/1月竣工

 

敷地面積 399屐120坪)

在来木造2階建て

延床面積 162.27屐49坪)

別途 小屋裏収納 8.3

別棟 倉庫9.93屐3坪)

 

錦町にお住まいのKオーナー様は

弊社と創業当時から、かれこれ60年のお付き合いです。

 

今回錦町の区画整理事業に伴い移転になり

10年以上も前からの計画が

晴れて着工〜竣工となりました。

 

※このところ取引業者様の住まいつくりご依頼が続き

業者様も色々な取引先のある中、弊社をご用命頂き

感謝の気持ちしかありません。

ありがとうございます(-_-)

 

では竣工状況の全貌を公開したいと思います。

 

 

外観

今回、K邸デザインは弊社提携先の

海野建築設計事務所様にお願いしました。

 

シャープな切妻屋根に洋瓦葺き

外壁はタイル貼り。

 

 

正面

色合いも屋根はブラウン色系

外壁はアイボリー色と飽きの来ない無難な色合いです。

 

 

北面

北面も地形上丸見えですがカッコよく!

坪数も50坪と後ろから見ると大きさが解ります。

 

西面

この角度もベストアングル、中々いいですね。

外装がタイル貼りなので質感が素晴らし過ぎですよ。

どんな素晴らしいサイディング材より

タイル外装は比べ物になりませんね。

 

 

倉庫

今回住まいと併設して倉庫も新設しました。

6畳ほどの倉庫も住まいと素材を合わせ

一体感を持たせました。

 

 

ウットデッキ

LDKに併設してウットデッキを取付ました。

布団を干したり、腰かけて休んだり

用途は様々・・

内部からはより広がりがあり良いものですね。

 

またウットデッキとは言っても素材は樹脂

LIXIL製の樹ら楽ステージを採用。

腐ることなく一生ものです。

 

 

玄関

玄関ポーチ部を広く確保

これだけあれば申し分ないですね。

玄関ドアはタッチレスキー付の

LIXIL製 断熱ドア ジェスタ2グレード

重厚感たっぷり、超豪華です。

ポーチ床のタイルはモザイク柄の

落ち着いた輸入タイル。

 

 

ポスト、宅配BOX

 

ポストと宅配BOXを埋め込みとしました。

取出しはポーチの雨のかからないところで・・・

宅配BOXは荷物が投函されると、

登録したスマホに連絡が入るという優れものです。

これすごく便利ですね。

 

 

タイル外装

タイルの質感

サイディングには表せませんね。

何年経っても塗装なども心配はいらないので

初期投資はかかっても、

長い目で見ればお得かもしれません。

 

 

外装下地貼り(工事状況)

このタイルは引掛けタイル貼りといって

下地のサイディング材にタイルを

引掛けて張っていくという工法になります。

普通タイルはボンドで貼りますが

引っかかりがあるので

劣化してはがれる事はありません。

また下地のこの板にて防水処理、気密処理を行います。

 

 

 

内観(LD吹抜け)

イメージ一新

 

 

LDK

外観のイメージとは全く違い

木材をふんだんに使った和みも空間に・・・

天井は傾斜天井とし上階ロフトと連動。

梁は杉の太子化粧梁

太さ、質感と圧巻です。

柱はヒノキの5寸柱を使い

壁は杉の浮造り羽目板、

上階は珪藻土塗りとなっています。

 

家族が集まり一番多く過ごす場所。

木材のマイナスイオンで満ち溢れていますね。

 

 

天然杉特注テーブル

こちらは弊社新築お祝いの贈答品

最高級杉材一枚板で作った天然造作テーブルです。

2m×W90×H42

時価○○○万円?

 

室内の素材にマッチして素晴らしいの一言ですね。

 

 

LDK24畳大空間の冷暖房・・

床を温める

電気式床暖房を床下に・・

(工事状況)

 

エアコンも天天井付け大型エアコン

これでLDK大空間の空調をカバー

(工事状況)

 

 

 

対面キッチン

カウンターは造作とし温かみのある

キッチンとなりました。

 

カウンター

世界に一枚のケヤキ材天然カウンター

木目、光沢と木の王様のケヤキ材

存在感たっぷりです。

 

 

キッチン

LIXIL製 リシェルグレード

オーナー様にLIXILショールームにご同行頂き

詳細を決定してきました。

 

人造大理石天板、IH、連動換気扇、

食洗器、タッチレス水栓

機能充実です。

 

 

背面収納

キッチンとおそろいの収納

壁面はレンガタイルとしています。

 

 

天窓

奥まったキッチンの上部には天窓を2箇所

かなり明るいキッチンになりました。

 

 

ダイニング天井

LDKの天井と素材を同じとし

ヒノキの羽目板としました。

木の素材感は何とも良いですね。

※個人的に大好きです。

 

 

和室

K邸唯一の6畳の和室

化粧柱を使った本格和室です。

畳は和紙おもて半畳市松敷き。

ダイニングに隣接していて

3枚引戸を開放すればLDKに一体となります。

基本お母さんの寝室になるとか・・

 

 

神棚

神棚板はエンジ材を使いました。

(貴重なものです)

飾りの造作屋根が素晴らしいものです。

ここにオーナー様先祖代々から受け継がれた

お宮が入る予定。

寸法も採寸してちょうど入る高さとしています。

お宮や飾りつけが入れば

かなり引き立つ事間違いなしです。

 

 

玄関天井

天井は格天井(ごうてんじょう)としました。

和風天井では最高級です。

完全自社施工

大工手間は惜しみません。

しかしケヤキの杢目がなんとも言えませんね。

 

下がり壁には角竹を使い高級感を演出。

 

 

玄関ホール

ケヤキの框

ヒノキの化粧柱

ヒノキ柾材無垢縁甲板(床)

杉浮造り腰板

無垢の建具

ザ和風とし外観とは真逆となっています。

きっと初めて玄関をあけた人は

びっくりするでしょうね。

 

 

ホール〜玄関

和と洋の融合・・・

側面にはデザインタイルにてワンポイント

絵画を飾るスペースとしました・・・

 

こんな玄関ホールでお客様を迎える・・・

家の顔・・大事ですね。

 

 

ホール〜中廊下

奥のトイレまで、お客さんをお迎えしても

和の空間でおもてなし・・・

また広々廊下で誰しもがいつどうなるか解らない高齢化社会

将来に備えて万全です。

 

 

玄関収納

靴が豊富というオーナー様家族・・

しかし玄関脇のこの玄関収納があれば問題なさそうです。

またゴルフが趣味とあり

ゴルフバックの収納スペースも確保しました。

 

 

洗面脱衣

オーナー様の意向で全面板張りとしました。

洗面台は一体の収納付とし

衣類収納もOK・・

1.5坪程の洗面脱衣室

ゆとりがありますね。

 

 

建具

1階の建具は既製品ではなく

総無垢仕様で腕のいい

建具屋さんに作って頂きました。

 

LDK入口引違い

杉の浮造り一枚板

 

 

LDK仕切り4枚引き込み戸

大空間のLDK・・

この天井まである扉で仕切れば

リビングとダイニングキッチンが分離・・

光熱費削減・・

 

また開放すれば大空間に・・・

 

杉柾材

ワーロン仕様

 

 

収納折戸

寝室でも手抜きなく杉材での折戸

既製品では表現できない質感となりました。

こういった製作建具

中々腕の良い職人が減っている中

貴重な物ですね。

 

 

腰板

 

オーナー様の意向で

随所に板張り腰壁にしています。

創業65年の弊社・・・

技術は惜しみません・・・

 

 

2階ロフト

LDKと一体のこのロフト空間・・・

ちょっとした遊び心での空間。

ロフトから下階のリビングを眺めれば

家族の一体感も感じられそうです。

 

 

珪藻土

壁は一部を除き左官屋さん施工の

珪藻土塗り

表面はわら入りとし

高級感たっぷりです。

 

 

2階洗面室

二世帯のK様邸

二階は女子室とあり

最高級の洗面台を・・・

W1650と使い勝手は相当よさそうです。

 

 

2階トイレ

LIXIL製最新型のトイレに

ボーダー柄のトイレ

おしゃれですね。

 

 

WIC(ウォークインクローゼット)

収納棚も滞りありません。

相当な収納力です。

 

 

 

以上、見どころ満載のK様邸・・・

まだまだ紹介したい所でいっぱいですが

ブログも容量いっぱいなのでこの辺にします・・・

 

 

K様邸は冒頭にも紹介したように

弊社起業依頼のお付き合い・・・

多くの取引き先も抱えながらも

弊社をご用命頂いたお気持ちに恥じることなく

十二分に惜しみなく技術を投入しました。

ありがとうございます。

 

 

このマイホームをベースの

K様邸の幸多かれをお祈り申し上げます。

 

 

at 10:53, 襯┘鵐疋住建工業, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://eju-hatake.jugem.jp/trackback/43